テクニカルダイアリー

冷熱経験豊富なエンジニア集団のこだわり設計や現場での苦労話等を日々まとめています

コラム記事を通して食品業界の将来性等についての考えを発信

冷熱経験豊富なエンジニアだからこそのこだわりをテクニカルダイアリーにまとめています。

NEW

  • 「食品工場の気配り」と「メタルインシュロック」

    query_builder 2023/10/16
  • 食肉加工工場編:「水解凍 改善例」

    query_builder 2023/10/11
  • 「パネルを転用し短工期で導入」プロトン解凍機

    query_builder 2023/10/04
  • ローストビーフ製造ラインに「バッチ凍結機」導入

    query_builder 2023/09/24
  • 食品工場へ【半解凍プロトン解凍装置】を設置

    query_builder 2023/09/04

CATEGORY

ARCHIVE

細胞を破壊しない高品質な凍結技術や、食品の解凍時間を大幅に削減できる急速解凍技術、これらをいかに導入後企業様のビジネスに活かしていくのか等といったコラムを執筆してまいります。プロトン凍結機の場合は従来の凍結技術ではドリップによる味の劣化が懸念され通販が難しかったお刺身やお寿司、これらの味を劣化させることなく凍結して日本全国を対象にした通販への販路拡大の可能性がございます。

プロトン解凍機の場合は、膨大な解凍時間によって納期まで長い時間必要としていたのが、急速解凍技術によって納期の大幅な短縮が見込まれます。また解凍品の品質、歩留まり向上、作業負担の軽減等企業様はもちろん、その食品の取引先様にも大きなメリットがございます。さらにプロトン凍結機を活用してふるさと納税の返礼品として全国展開する企業者もおりアイディア一つで幅広い活用法が見込めるプロトン凍結・解凍技術について考察してまいります。