製品紹介

お客様の課題を解決する次世代型プロトン解凍機・凍結機の設計製造販売

プロトン解凍機

プロトン解凍機とは

食品工場で解凍工程の改善にあたり「半解凍でよい」「完全解凍したい」
後工程での目的で大きく異なります。
解凍システムのメーカーは少なく「半解凍が得意」「完全解凍が得意」「小型標準機なら対応」等々
「プロトンエンジニアリング」の「プロトン解凍機」は「完全解凍~半解凍、小型標準機~大型まで」お客様のニーズに合わせて対応が可能です。

食品工場における解凍技術の課題

  • プロトン解凍 肉体労働の軽減

    1.人手不足の問題

    自然解凍・水解凍の場合、解凍のための休日出勤、原料の解凍作業が肉体的負担となるため、人が集まらない。
  • プロトン解凍 スピード解凍

    2.解凍時間が長い

    畜肉では商品製造日の2日前から解凍、果汁等は2週間以上かかるため、生産性が悪く、解凍スペースが必要となるため、効率も悪い。
  • 大型プロトン写真

    3.解凍ムラの問題

    夏は溶けすぎ、冬は解凍できないため、解凍状態にバラツキが起こり、次工程に影響している。

プロトン解凍機の特徴

特徴① 特許技術 湿度100%
特徴② イニシャル・ランニングコストもお得
特徴③ 解凍プログラムにノウハウ
特徴④ シンプル構造
特徴① 特許技術 湿度100%
プロトン解凍機は特許技術である「湿度100%」により、速さを実現しました。

低温高湿度のエネルギーとして「潜熱」に着目しています。
潜熱は非常に大きな熱量を蓄えているため、効率の良い解凍手段となります。

プロトン解凍機は「低温域10℃での相対湿度100%」でも解凍が早いのです。
特徴② イニシャル・ランニングコストもお得
専用台車が不要です。通常は「ステンレス製 台車+トレイ」を使用していますが、「プロトン解凍」は写真のような「穴あきコンテナ」の対応が可能です。イニシャルコストがかからず、自動洗浄機による洗浄ができるので清掃の負担が軽減できます。
大型プロトン解凍機 コンテナ対応 
「穴あきコンテナ」
大型プロトン解凍機 コンテナ対応 
プロトン解凍機庫内
特徴③ 解凍プログラムにノウハウ
解凍食材に合わせ、プログラムを調整します。
表面温度が上昇しすぎないように、解凍工程①、②と切り替え。中心温度が凍結点を超えたタイミングで「締め冷蔵」とし表面温度を冷やし込みます。
特徴④ シンプル構造
プロトン解凍機は、庫内がシンプル構造なので清掃が簡単です。
プロトン解凍機 導入までのステップ

東京品川テストルームにて解凍テストが行えます。

「完全解凍・半解凍」お客様の解凍条件に合わせて設計いたします。

  • 解凍の課題解決に

    お問合せ・資料請求

    ・電話・メール等にて、お客様の
     お困り事 課題等ヒアリングさ  
     せていただきます。
    ・お客様のニーズに適した製品を
     ご提案いたします。
  • 解凍の課題解決にプロトン解凍

    解凍テスト・ご提案

    ・穴あきコンテナ、一斗缶・ペール缶
     ドラム缶も対応いたします。
    ・事前テスト、現場調査を行います。
    ・食材の荷姿・解凍量に合わせて設計
     既設の改修工事も対応します。
  • プロトン解凍機 

    製 作・設 置 

    ・設置工事を当社で行います。
    ・ご契約後、機器の手配を行います。
    ・導入後のメンテナンスも対応して
     おります。

冷熱エンジニアリング食品装置
「冷却、凍結、低温乾燥、冷水等」
必ずヒアリングさせていただいてからご提案いたします。
ライン能力、荷姿、品質へのこだわり等お客様のニーズに合わせ、個別の設計でご提案いたします。
荷姿によっては「風が通りにくい」「大きい」「形状がいびつ」「冷えない」等々
少しの工夫によって「急速凍結が可能」「作業効率がUP」「イニシャル低減」が可能です。

弊社冷凍機のサービスの強み

強み① 「温度」 「湿度」 「気流」 「衛生面」 を配慮した食品装置を提案します。
強み② 「ヒアリング 」を大事にし、オーダーメード・パターンメードに対応します。
強み③ 「プロトン凍結機構」や「送風方式:差圧他」を組み合わせ、様々な荷姿な食品装置を構築します。
送風方式:差圧式
庫内の冷気を強制的に循環させることにより、より短い時間でムラなく大量の食材の凍結・冷却を行うシステムです。
送風方式:押し込み型
プロトンエンジニアリング 冷熱工事


冷凍パン(容器)に製品を入れ、それを専用の棚に積載する。
荷運びはフォークリフトで行う。

単品製品を大量に凍結する際によく使われる。

プロトンエンジニアリング 冷熱工事

押し込み型

庫内側面に配置したファンにより強制的に冷風を押し当てて凍結させるシステム。
庫内には棚積載、パレット積載したものをフォークリフトで投入。


親子台車・コンテナ台車の活用
親子台車で衛生的①

親子台車

既設工場に新規でパネルタイプのフリーザー(床有り)を設置する場合
床パネルの厚み分、工場床面との段差が生じる。
その段差をクリアするために親子台車を利用する。

写真にあるように子台車を庫内に投入する事ができる。

特徴② 写真

コンテナ台車

一般的に食品工場で使われているプラスティックコンテナと台車。
SUSの専用台車より安価で清掃も楽。

プロトン凍結機:リボーン
急速冷凍(-35℃)の環境下に均等磁束と電磁波を加えて凍結(冷凍)することで食品・食材の鮮度や食感、風味を維持する冷凍技術です。
ダウンロード
通常の冷凍では、最大氷結晶生成温度帯(-1℃~-5℃)を通過する時間が長くなります。
そのため、氷の粒が大きく成長しやすく食材の細胞を破壊するため、解凍後の品質が低下します。
プロトン凍結では、電磁波と磁束の働きで一度にたくさんの氷核を生成することにより
氷の結晶が大きく成長することを妨げます。
その結果、細胞を壊さずに冷凍できるため、解凍時のドリップ量を減少させることが出来ます。
ダウンロード (1)
           【氷結晶偏光写真比較】               
            通常の急速凍結よりもプロトン凍結による氷結晶が               
            はるかに小さいことがわかります。                
           

小型機種から大型機種、既存の冷凍庫(「-30~-35℃」)に「プロトン凍結機:リボーン」
台車式のプロトン凍結、親子台車、ワンウェイ 等々一般的な庫内温度で高品質な凍結を提案します。
「提案② 品質重視のプロトン凍結」
                   
     プロトン凍結機: PF-15B   PF-30
品質重視のプロトン凍結」 PF-60 PF-150
                プロトン凍結機:PF-60  PF-150
プロトン凍結機 リボーン
       プロトン凍結機:リボーン
温度湿度管理 他
プロトン凍結機 導入までのステップ

東京品川テストルームにて凍結テストが行えます。

  • 冷凍の課題解決に

    お問合せ・資料請求

    ・電話・メール等にて、お客様の
     お困り事 課題等ヒアリングさ  
     せていただきます。
  • 鮮度保持 プロトン凍結機

    凍結テスト・ご提案

    ・ご来社いただきテストを行う方法
     サンプルを送っていただきテスト
    ・食材に合わせた凍結時間をご提案
  • プロトン凍結機 

    設 置 

    ・ご契約後、機器の手配を行います。
    ・導入後のメンテナンスも対応して
     おります。