【事業再構築補助金活用事例 】プロトン凍結機PFー15A:お弁当製造販売事業者様へ導入が決定しました。

query_builder 2021/08/22
プロトン凍結機 鮮度保持 プロトンエンジニアリング

【免疫力upヘルシーお弁当をプロトン凍結し、食卓へ笑顔と健康を届けます。】
プロトン凍結機PF-15Aの導入先は給食サービスやケータリング等も手掛けているお弁当製造販売の事業者様です。
一日に7,000食~8,000食を製造されており、イベントのお弁当や名物駅弁も好評で需要が伸びていました。

単に見た目と味だけでなく「お客様の健康を考えたお弁当開発」もおこなっておりました。
特に、食の安全への意識は高く、HACCPを取り入れ人の勘に頼らずデータ化し、衛生管理を徹底されていました。 

コロナの感染拡大により、どんなに衛生面を徹底していてもイベント休止そして緊急事態宣言の発令もあり大打撃を受けてしまいました。


コロナ禍による冷凍食品の需要拡大に伴い、冷凍弁当に着目し、事業再構築補助金を採択されました。


  


プロトン凍結するのは「お客様の健康を考えたお弁当」です。
素材にもこだわり地元から仕入れ、できる限り添加剤を使用せず開発します。
プロトン凍結は冷凍しても味・食感共に冷凍前と変わらず再現できるのです。


お弁当の場合は品数が多いため、食材の仕入れも大変です。                          
プロトン凍結は原料凍結は勿論、加工品の凍結にも活用できますから、原料が安価な時期に仕入れしプロトン凍結し保管しておきます。
必要な時に必要量を調理し、再度プロトン凍結後保管しておけば、廃棄ロスもありません。
通常の冷凍庫では、ツーフローズンするとどうしても品質が落ちてしまいますが、プロトン凍結の場合はツーフローズンでも品質低下はありません。


プロトン凍結は品質管理と仕入れ原価の安定化、食品廃棄ロスの削減、作業の効率化など様々に活用いただけます。