【WEBメディア掲載情報】フードエンジニアリングタイムス(FEN) 11月18日配信 – 小型プロトン解凍機紹介記事

query_builder 2020/11/25

11月18日配信のWEBメディア「フードエンジニアリングタイムス(FEN) 」に小型プロトン解凍機紹介記事が掲載されておりますので、ご覧になってください。



→(FEN紹介記事)11月18日 – プロトンエンジニアリング、量販店向けに小型プロトン解凍機を開発


プロトン解凍機の最大の特長は特許技術「低温高湿度解凍」


低温域(10~30℃の温度帯)を維持しながら湿度100%の庫内環境を作りあげています。
これによって空気中の水分が凝縮して冷凍食材に短時間で大量に熱エネルギーを与えることができるのです。


湿度100%の庫内環境を作るのは非常に難しいのですが、プロトンエンジニアリングは冷風と蒸気のバランスを調整することで実現しています。


小型プロトン解凍機は鶏肉などの原料解凍から寿司などの商品解凍まで幅広く対応できます。


原料解凍の場合は次の作業工程に合わせて最終商品解凍の場合は商品を提供したい時刻に合わせて
解凍時間の設定】ができます。


プロトン解凍機は作業効率化と生産性向上につながります。

【WEBメディア掲載情報】フードエンジニアリングタイムス(FEN) 11月18日配信 – 小型プロトン解凍機紹介記事

テストルームも併設しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。